| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7歳!

我が家のアイドル、こんぶが7歳になりました。
おめでとう~!

便利な世の中になって、離れていてもスカイプで
こんぶの様子を見ることができます。
こんぶはあんまり興味がなさそうですが、いいのです。

寒さに弱いこんぶくんは、暖かい服を着せてもらって、
ぬくぬくしていました。かわいい。

一時帰国で息子と対面したこんぶ。
息子に飛び掛かることも無く、イイコでした。
早く息子とこんぶが仲良く昼寝でもしているところを見たいです。
スポンサーサイト

| ☆こんぶ | 00:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6歳!

日本で預かってもらっている、こんぶ。
今日で6歳です。

私の実家で、それはそれは大事にしてもらっており、
持病のてんかん発作も半年間、出ていません。
大事にしてくれてありがとう!!


0104.jpg
↑「猫」と書かれたちゃんちゃんこを着ています。
気に入ってます。



こんぶは我が家の永遠のアイドル。
不動の末っ子ポジション。
なので、
息子よりも年上ですが、いつまでも一番チビ扱いです。

早く日本に帰って、こんぶvs息子 を見てみたいです。

| ☆こんぶ | 11:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁断症状

0130 (6)

日本でお留守番中のこんぶの写真が来ました。

ちょっと胸毛が伸びてもふもふしています。
かわいいっ

こんなに長い間こんぶと離れたことがないので、
暖かい重みと柔らかい手触りが恋しくて
なんらかの禁断症状がでそうです!!

うーさんと毎日毎日、
こんぶは起きたかな?そうねー、きっと二度寝してるよ。
ご飯食べたかな?うん、ご飯食べてまた寝てるよ。
元気にしてるかな?家で一番暖かいところでゴロゴロ寝てるよ。
なんて、こんぶの話ばかりしています。

| ☆こんぶ | 13:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お灸

今日は雨の中、こんぶの病院へ。

鍼灸治療の2回目です。

うーさんに見せたくて、治療の様子を撮らせてもらいました。


1106.jpg
↑首のところに鍼が1本。腰のあたりにお灸。
お灸から煙がもくもく。
煙も匂いも、気にならないようです。

こんぶは至って真面目に治療を受けているので、
笑っちゃいけないのですが、ちょっと笑ってしまう。ごめん。

治療の邪魔になってはいけないので、ここで退室。
このあと、たくさん鍼を打ったそうです。


診察台に乗ったときは、ぶるぶると小刻みに震えて緊張していましたが、
治療が始まると、あくびをしたりリラックス全開!
治療が終わって私のところに戻ってきたときは、るんるん♪でした。
気持ちいいんだろうねぇ。
うらやましい。




ツボ押しもしつつ、発作の間隔が長くなるようにがんばっています。

| ☆こんぶ | 16:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東洋治療

こんぶは今月、14日・24日・今日(31日)と続けて癲癇の発作がありました。
今までになく短い期間に発作があったため、病院に行ってきました。

アメリカでは、発作の状況から癲癇だと診断されましたが、
心臓病などでも似たような症状があるため、検査をしないと分からないとのこと。
様々な病気の疑いをチェックして、異状がなければ癲癇だと判断するそうです。

まずは血液検査を受けました。
これにより、一般的な病気の疑いがないかみてもらいます。
こんぶは肝機能が低下していることが分かりました。
これはアレルギー体質によるものだそうで、癲癇を引き起こす要因ではないとのこと。
フードを変えた方がよいそうです。
困ったなぁ。こんぶは好き嫌いが激しいのです。
フードを変えると断固食べない!

他には、不整脈が強いと診断されました。
ストレス体質だそうです。
確かに神経質なところがあるし・・・


結局、血液検査では、癲癇を引き起こす原因は分かりませんでした。

さらにCTスキャンをして、脳や脊髄をチェックすることもできるのですが、
全身麻酔になること、検査をしても原因が特定できないこともあることから、
今回はCTスキャンをせず、”癲癇だろう”ということで治療を開始しました。


治療としては、飲み薬があるのですが、肝臓に副作用あるとのこと。
強い薬なのです。
肝機能が低下してるので、心配です。

そこで先生から提案されたのが鍼灸治療!!
さらには漢方薬もあるそうです。
大変失礼ながら、馴染みがないため、
「本当に効くんだろうか」と思ってしまいましたが、
インターネットで調べると、鍼灸は癲癇にも有効であると分かりました。
また、鍼灸であれば副作用はないわけで、
これで症状が軽くなれば、こんぶにとって一番であろうと思います。

鍼灸をしてもらったあとは、とてもリラックスした様子。
いいなぁ。私もやってもらいたいよー。
しばらく鍼灸だけを続けて、漢方も含めて薬は飲まないことにしました。


家でもできることはないか?と色々調べてみると、
癲癇に効くツボを見つけました。
鍼灸にツボ押し。ザ・東洋治療です。

1031 (3)
↑まだプリンターが段ボールの中なので、メモしました。
モデルはこんぶ。ぷっ。似てない・・・

幸いにもマッサージ大好き!どこを触ってもOK!の、こんぶ氏。
きっと喜んで受け入れてくれるでしょう。

ストレスや気候・気温の変化なども癲癇を引き起こすと言われています。
季節の変わり目なので、
温度に気を付けてゆったりマッサージしながら過ごそうと思います。

| ☆こんぶ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。