| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グランドティトン 2

110607-X4 (3)

昨晩からの雨はずっと降り続いて、今日も雨です。
お昼頃の飛行機で帰るので、
それまでの間、公園内をドライブしましたが、
全く動物を見ることができず。ティトン山脈も雲で見えません。
残念です。


110605-X4 (107) 110607-IXY (2)
↑今回泊まったキャビンは、フラッグランチというところ。
チェックアウトのフロントには、大きな暖炉があります。


110603-X4 (84) 110604-X4 (2)
↑キャビンはこんな感じ。隣の人の気配が感じられず静かでした。


6月初めのイエローストーンは、まだ雪が残っており、
朝晩は上着が必要でしたが、日中は暑いくらいでした。
しかしまだ蚊が飛んでおらず、風がひんやり冷たくていい季節だったと思います。
親子の動物を見るのにも、ちょうどいい時期でした。
グランドティトンは、あと1か月程すると、たくさん花が咲いて美しい風景だそうです。
今はまだ、ほとんど花は咲いていませんでした。

私たちは望遠鏡も、望遠レンズも持っていなかったので、
遠くにいる動物は見ることができませんでした。
なので、動物を見つけるというよりは、
動物を見つけて観察している人を見つけるという感じ。
幸い、十分楽しむことができました。

時差が2時間あるので、デトロイトに着いたのは、夜10時。
明日は仕事と歯医者に行くうーさん。
大変オツカレサマでした。

ぜひぜひ行きたいと思っていたイエローストーン。
連れて行ってくれてありがとう☆
スポンサーサイト

| ☆S/Dakota&Wyoming | 00:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グランドティトン 1

110606-X4 (1)

今日はグランドティトン国立公園に行きます。
イエローストーンのすぐ南にあって、
美しい山と湖の公園です。
水場なので、ムースやビーバーが住んでいます。


110606-X4 (5)
↑最初に行ったのは、オクスボーベント。
スネークリバーに、マウントモランが映ります。
静かで美しい風景です。

公園内の2本ある道路の内側をドライブします。

110606-X4 (23)
↑ジャクソンレイク。風がないので、鏡のようです。
ティトン山脈が逆さに映ります。どっちが本物かわからないくらい!
すぐ横はダムで、景観はよくないのですが・・・

110606-X4 (33)
↑ジェニーレイク。こちらもきれいです。

さらに南下して、ムースビジターセンター近くにある礼拝堂に寄ります。

110606-X4 (43) 110606-X4 (41)
↑大草原の小さい礼拝堂。素朴でステキです。


110606-X4 (56) 110606-X4 (59)
↑礼拝堂の近くの茂みで、オスのムースを見つけました!
ちょっと遠いので、我が家のカメラではこれが限界。
茂みで角がよく見えなくて残念。

ビジターセンターで折り返して、今度は外側の道路をドライブします。

110606-X4 (66)
↑アンテロープフラットロード。
映画”シェーン”の舞台になったグランドティトン。
私たちは映画を観ていないのでわかりませんが、こんな情景が使われたのかも。
この家は、19世紀に入植した人々の住居跡だそうです。

今度は高いところからグランドティトン全体を眺めます。

110606-X4 (85) 110606-X4 (88)
↑シグナルマウンテンの展望台から。広い谷を見渡せます。
きれいすぎて、ジオラマのようです。

110606-X4 (82)
↑展望台にいた、ライチョウ??


もう一度ジャクソンレイクに向かう途中に、
人だかりを見つけました。

110606-X4 (92)
↑ムースです!今度はメス。

110606-X4 (96) 110606-X4 (101)
↑よく見ると仔ムースも! 親子でした!
たくさんの人が見ている中、のんびり座っていました。

ジャクソンレイクの周りでは、リスを見かけました。

110606-X4 (107)
↑何リス?

110606-X4 (110)
↑これはシマリスです。


イエローストーンに比べると、小さめのグランドティトン。
ぐるっと1周したので、公園の南にあるジャクソンという街に行ってみました。

110606-X4 (114)
↑ムースの銅像。立派です。
のど元の長い毛は、何のためにあるんだろう??

110606-X4 (117)
↑エルクの角のアーチは、何か所もありました。

ジャクソンで夕ご飯を調達して、キャビンに帰ります。
帰り道は、まだ通っていないムースウィルソンロード。
とても狭い道ですが、草原や湿原を通るので、何か出会えそうな感じです。

ゆるいカーブの先に広く開いた場所があって、そこにいたのは、

110606-X4 (128)
↑ミュールジカ。


110606-X4 (131)
↑そして、ついに出会いました!!ビーバー!!
前歯がある、ネズミ的イキモノ大好きな我が家。
うーさんは、ゴルフ場で見たことがありますが、私は初めて見ました。
私たちが見ていても、おかまいなしで水草をむしゃむしゃ。
かなり・・・心鷲掴みされました。ゆるい感じ。最高です。

まだお食事中のビーバーに後ろ髪を引かれながら進むと、
また人だかりです。

110606-X4 (137) 110606-X4 (143)
↑オスのムース!今度はとても近くです。
ゆったりと草を食べながら歩いています。立派な角が雄々しいです。
感激しました。

広い道に戻った草原には、

110606-X4 (147)
↑オスのエルク。角が立派です。


110606-X4 (150)
↑キャビンに帰る頃、空が怪しくなってきました。

雨が降ったり、風が強いと、湖に映るティトン山脈は楽しめないし、
野生動物を見つけるのが難しくなります。
お天気に恵まれて幸運でした。

結局、キャビンに戻って夕飯を食べるころに雨が降り出し、
雨の音を聞きながら就寝しました。

| ☆S/Dakota&Wyoming | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イエローストーン 2

見どころが野生動物だけではないイエローストーンは、
地下に公園全体の面積に等しいサイズのマグマだまりがあり、
硫黄のにおいが漂っています。
規模は全然違いますが、箱根の大涌谷のような・・・
今日は、たくさんある温泉を中心に8の字の下半分を周ります。

110605-X4 (4) 110605-X4 (5)
↑まずは、昨日の夕方にも寄ったウエストサム。
ブラックプールという名の、青い温泉です。
以前は黒いバクテリアがいたのですが、水温が上がって死滅したそうです。

110605-X4 (11) 110605-X4 (12)
↑これもウエストサムの温泉です。75℃もある!

110605-X4 (20) 110605-X4 (22)
↑このあたりにはミュールジカがいます。
うーさんが、座っているミュールジカを撮っていたら、
突然、突進してきたそうです!気を付けないと!


次に行ったのは、間欠泉です。

110605-X4 (40)
↑ほとんどの間欠泉は、トレイルを歩かないと近くに行けないのですが、
このオールドフェイスフルガイザーは、ビジターセンターのすぐ裏にあって、
わんこも一緒に見学できます。

110605-X4 (23) 110605-X4 (30)
↑噴出する時間がほぼ決まっています。

間欠泉を眺めていたら、足元にかわいいこが。

110605-X4 (39)
↑キンイロイジリス。


次は、カラフルな温泉を見ます。
もくもく湯気が上がって、豊富なお湯が流れています。
カラフルなのはバクテリアと藻類の色です。

110605-X4 (48) 110605-X4 (49) 110605-X4 (58)
↑ブラックサンドベイスン。

110605-X4 (67) 110605-X4 (69) 110605-X4 (71)
↑ビスケットベイスン

すぐ近くにバイソンがいます。

110605-X4 (74)
↑ちょっとコワイ。

110605-X4 (80)
↑川の向こうにいるので、たぶん大丈夫。一緒に写ってみました。

110605-X4 (93)
↑ミッドウェイガイザーベイスン

イエローストーンは、無い色は無い!!というくらいカラフルでした。
名所のほとんどが短いトレイルになっていて、
わんこは入れないので、交代で景色を楽しみました。

明日は、すぐ南にあるグランドティトンに行ってみます。

| ☆S/Dakota&Wyoming | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イエローストーン 1

早朝6時に起きて、野生の動物を探します。
ぜひ会いたいのは、クマとオオカミとムース。

まずは8の字周遊道路の真ん中辺りにある、ヘイデンバレーを目指します。
ヘイデンバレーを見渡せる道路脇で、アメリカ人夫婦が望遠鏡を覗いています。
何かいるのかな??と肉眼で見ても、全然わかりません。
アメリカ人夫婦が、「オオカミよ!」と言って、望遠鏡を貸してくれました。

何かをお食事中のオオカミが望遠鏡の中に見えます!!
肉眼では、どうやっても見えないほど遠くにいるようですが、
見ることができました!!

そのまま少し車を走らせると、湿原の中に、
110604-X4 (22)
↑バイソンの親子です。仔バイソン、かわいい!
仲良くお食事中でした。

110604-X4 (31)
↑道路では、ミュールジカと遭遇。
大きな耳が特徴です。


110604-X4 (44)
↑さらに1時間ほど北上したところで、道路が大渋滞です。
人がたくさん。みんな同じ方向を見ています。
私たちもクルマを止めて近づくと!

110604-X4 (47)
↑グリズリーです!数が少なくて、なかなか会えないクマさんです。

110604-X4 (51)
↑なんと親子ー!

110604-X4 (60)
↑グリズリー親子は、かなり近くまでやってきました。

110604-X4 (67) 110604-X4 (68)
↑仔グマ、かわいい・・・
グリズリー親子は悠々と歩いて、草原の向こうに消えていきました。
お~、感動!!

なかなか見られないと言われる、
オオカミとグリズリーに早くも出会ってしまいました。
幸運すぎて、ちょっと心配になる小心者の我が家。
旅行前に、大事にしていたアンティークを割ってしまったのと
引き換えのラッキーだと思い込むことにしました。

さらに行くと、8の字の左上にあるマンモスという区間に入り、
一旦公園から出ました。

110604-X4 (79)
↑北口のゲートは、こんな石造り。
ここで運転を変わって、8の字の上半分をドライブします。

110604-X4 (83)
↑広い草原にバイソンの群れ。

110604-X4 (85)
↑プロングホーン。
シカでもウマでもウシでもなく、プロングホーン科プロングホーン属だそうです。
長距離ならチーターよりも速いらしい。

110604-X4 (99)
↑エルク。たくさん見かけました。

8の字を下に周ろうとしたら、道路閉鎖だったので、来た道を戻ります。

110604-X4 (103)
↑道路を渡るバイソン。巨体なので近くにいるとコワイです。

割と多くいるという、ブラックベアもちらっと見かけましたが、
写真は間に合いませんでした。
野生動物の観察を楽しんで、ぐるっと戻ってきました。
今度は景色を楽しみます。
8の字の真ん中右端の、キャニオンという地区。
ここにある展望台から、イエローストーン大峡谷が見えます。

110604-X4 (123)
↑この黄色い岩が、イエローストーンの名前の由来です。

110604-X4 (127)
↑アーティストポイント展望台からの眺め。

110604-X4 (130)
↑きれいなイエローストーンリバー。

キャビンに戻る途中、ウエストサムという湖沿いの温泉地帯に寄ります。

110604-X4 (139) 110604-X4 (154)
↑もう日が傾き始めていて、青さが半減。
明日もう一度来ようと思います。

| ☆S/Dakota&Wyoming | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュモア・デビルズタワー

ラピッドシティから約40分くらいで、
マウント・ラッシュモア国立記念碑に着きます。


山道をドライブしていると・・・


110603-X4 (1)
↑まだ途中ですが、大統領の顔が見えてきました。


110603-IXY (3)
↑ここは、駐車場とその周辺までしかわんこを連れて行けません。

110603-X4 (12)
↑このゲート辺りから、わんこが入れないので・・・

110603-X4 (10)
↑ゲートの前で集合写真☆

ここからは、うーさんと交代で見学に行きました。

110603-X4 (17)
↑ゲートをくぐると、アメリカ各州の旗が並んだ先に大統領がいます。

110603-X4 (19)
↑旗の先は、広いテラスになっていて、ここから大統領を見上げられます。
さらにトレイルがあって、真下まで歩いていけますが、私たちはパス。

110603-X4 (25)
↑アップで。
午後には影になってしまうので、午前中がきれいに見えるそうです。
1927年から14年かけて作られましたが、資金不足で中断されたままだそうです。

辺鄙なところにある、マウント・ラッシュモアですが、
アメリカ人観光客に人気があるそうです。
アメリカの象徴を見ることができてよかったです。


マウント・ラッシュモアを出て、イエローストンに向かう間にもうひとつ観光しました。

110603-X4 (33)
↑デビルズタワー国定公園。
ここはまだ公園の外ですが、十分デビルズタワーが見えるので、中には入りませんでした。
映画、”未知との遭遇”で、UFOが下りてくるシーンで使われたそうです。
確かに荒野にぽこっとある、この岩は異様な感じがします。
ここでロッククライミングもできるのですが、この日はとても風が強くて、
クライマーの姿をみることはできませんでした。

ここでお腹が空いたのでお昼ご飯を食べました。

110603-IXY (14)
↑おっ。バッファローバーガーですって。
ご当地バーガーをいただきましょう。

できたてバーガーは、パンと中身が別々になっていて、自分で挟んで食べます。

110603-IXY (13)
↑なんと、お肉がバッファローの形!!
バッファロー肉のバーガーじゃなくて、バッファロー形のバーガーってこと??
食べてみましたが、よくわかりませんでした。

お腹を満たしたら、イエローストーンへ向かいます。
デビルズタワーで寄り道をしたので、ここから約8時間。少し急ぎます。

110603-X4 (52)
↑行程の半分あたりで、ビッグホーンナショナルフォレストという公園を通過しました。
雪で真っ白です。
景色を満喫しながらも、イエローストーン手前の街で夕飯を食べて、さらに先を急ぎます。


110603-X4 (68)
↑やっとイエローストーンに入った時点で夜の9時。
今日泊まるロッジまで、まだ1時間以上走らないといけないです。

110603-X4 (74)
↑なんと雪の壁!イエローストーン東口は、まだ雪の中でした。

真っ暗になった10時過ぎにロッジに着いたのですが、
チェックインする場所がわかりません。
たまたまいた宿泊客に聞くと、「売店でチェックインするんだけど、もう閉まっているよ。」とのこと。

うーさんの携帯は充電切れ。私の携帯はなんと圏外。
電話もできないし、売店は閉まっている。
・・・今日は、車中泊?? 氷点下なのに~
一番近い街まで行って宿を探そうか?と相談していたら、
ロッジの名前が入ったクルマが!!
幸運なことに、ロッジの人がいて、事情を話したらチェックインをさせてくれました。
よかったー。

荷物を持って、キャビンに行くと静寂の中に満点の星空。
キャビンに荷物を置いて、星空の写真を何枚か撮って、大満足で戻ると・・・
キャビンのドアが開かない!
インロックしてしまいました・・・
クルマのキーも、キャビンの中。車中泊もできません。

試しに窓が開かないか、ガタガタやっていたら、
幸運再び!
またロッジの人が、私たちと同じように遅れてチェックインした人を案内しながら、
こちらへ向かって歩いてきています。

ロッジの人は、ドアを開けてくれながら、
「気を付けてね。この辺はクマが出るから。犬のニオイで寄ってくるよ。」
と言い残して行きました。

2度の幸運で、なんとか暖かいキャビンで安全に寝ることができました。
あぶなかった・・・


明日はいよいよ、イエローストーン観光です。
どんな野生動物に会えるか楽しみです。

| ☆S/Dakota&Wyoming | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。