| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パブご飯

0314 (1) 0314 (2)

うーさんがおいしいお肉が食べられるパブがあるんだよー。
って言っており・・・
やっと食べに行くことができました。

どこでも大体同じメニューが出てくる英国パブで
もともと味付けがあっさり(≒無味)のこの国のお料理。
複数の日本人がおいしいって言うのは、どんなお肉?

0314 (3)
↑おりこうさんがご主人を待っています。いいこ!


0314 (4)
↑外観の古さとは裏腹にきれいに改装してある店内。
椅子やテーブルも、どこにでもある感じの新しいモノ。
小洒落た感じで、ちょっと趣が無いです。

このパブのおすすめは、
牛肉の部位を選んで、食べたい量を伝えて焼いてもらうスタイル。

0314 (6) 0314 (5)
↑うーさんは、バーボンマリネのサーロイン。
私はリブアイ。 付け合せも色々選べます。

お肉、焼き加減も味付けも、最高でした。おいしいー
お昼からお肉200gペロリです。
だいたいパブでいただくステーキは、
表面が焦げ過ぎて苦くて硬いのですが、
これは絶妙な焼き加減と、きちんと味付けされたお肉でした。


0314 (9) 0314 (8) 0314 (7)
↑そしてデザート。
温かいチョコレートブラウニー、シャーベット、ムースなどが
ちょっとずつ乗っています。これもペロリ。

息子はすっかり市販のベビーフード嫌いになってしまい、
本日も持参した白米とバナナをモリモリ食べていました。
さすがにステーキは取り分けしてあげられないので
ちょっとかわいそうだったです。
日本に帰ったら、外食する場合は和食だな・・・

これが最後のパブご飯食べおさめ。
あ~、おいしかった。
スポンサーサイト

| お出かけ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lavenham

あー、ラベンハムのコート・・・
で思い出して、
同じ名前の街、Lavenhamに行ってきました。

この街は特に何もないのですが、古い家がそのまま残っており、
柱も床も、ぐにゃぐにゃに傾いています。


0207 (1) 0207 (2)
↑こんな感じ!
想像以上に傾いています。右に傾いていたり、手前に傾いていたり、
どうして倒れないのか不思議なほど。
ドアは開くのかな?とか家具はどうやって置いてるんだろう?とか色々気になります。

0207 (4) 0207 (5)
↑ちょっとした広場があり、そこにはHOVISのお店!
このパンの型、持ってる!

古い建物の魅力のひとつは、ドアにあります。

0207 (3)
↑この木のドア。左のドアは郵便受けが縦に付いてます。
ショーウィンドウもいい雰囲気。あ、2階の床はやっぱり傾いているなぁ。
お隣の建物の壁の、丸石もいいです。

0207 (6)
↑ホビッとが出てきそうなドア。かわいいです。
形もかわいいし、どの家のドアも小ぶりです。

この日は気温の割に風が冷たくて、寒い寒い。
この辺りで街歩きをやめて、カフェに入りました。

0207 (7)
↑素敵な椅子。カフェの2階にあがったのですが、
やっぱり床が傾いている!
柱も傾いているので、平衡感覚がくるってきます。

0207 (8) 0207 (9)
↑さー、ランチ♪ランチ♪
このカフェの入り口にあった看板の、クロワッサンに惹かれて
入ってきたのですが、結局バーガーとオムレツ。
おいしかったです・・・


そして、帰り際に別の街に寄り道。
目的はアンティーク♪

0207 (10) 0207 (11)
↑1件目のお店で。
なんとジェーンレイ発見。
でも刻印がないためか、知名度がないのか、
値札にはただ、1950年代アメリカのティー&ディナーセットとだけ。
お値段もウソ?というほど安い。
でも、もうカップ&ソーサーは買うまいと決めていたので、置いてきました。
私、少し大人になったかも。

あと2軒みて、何もなかったなーと思っていたら、
”アンティーク、コチラ”の矢印を見つけて、中庭みたいなところに入ったら、
ごちゃごちゃのジャンク屋さんでした。
小さい小屋がたくさん建っていて、色々ジャンクが置いてあります。

0207 (15) 0207 (14)
↑これを買って帰りました。
地下鉄の深さ?を示すプレートだそうです。
オーナーのおじいちゃんが、
「錆を落として、黒く塗って、文字を金色に塗ったらいいよ!」と言ってくれました。
が、私はこのままのほうがいいなぁ。
帰国したら、ひどい錆だけ掃除しようと思います。

0207 (13) 0207 (12)
↑駐車場に戻る帰り道の橋。
手すりがセーターを着ていました。かわいい!

船便を出したのに、またアンティークが増えちゃいました。
でも、手のひらサイズだから・・・

| お出かけ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスマーケット

クリスマスマーケットに行ってきました。

場所はBirminghamです。
バーミンガムとフランクフルトは姉妹都市なのだそうで、
ここは本場ドイツのクリスマスマーケットです。

英国のソーセージは、ぐにゃぐにゃで歯ごたえがイマイチ。
ずっと、パリッとした歯ごたえのソーセージが食べたかった!


クリスマスマーケットに着いて、一目散にソーセージへ。

1130 (1)
↑お代を払うとこのコインがもらえます。
このコインがソーセージの引換券です。
サンタさんの顔が描いてあってかわいい。
2分の1m ソーセージと書いてあります。

1130 (2) 1130 (3)
↑名前の通り、長い長いソーセージ。
おいしくいただきました。

1130 (7)
↑コチラ、マシュマロとイチゴとブドウを串に刺して
チョコレートを掛けたもの。
激甘!ということもなく、フルーツがさっぱりしています。


1130 (19) 1130 (17) 1130 (16)
1130 (13) 1130 (12) 1130 (4)
1130 (5) 1130 (6) 1130 (9)
1130 (8) 1130 (10) 1130 (22)

↑食べ物だけでなく、色々なお店が出ています。
チラホラ、クリスマスと関係なさそうな雑貨も。

1130 (14) 1130 (15)
↑目が釘づけだったのは、このお店。
さびさびの工具みたいですが、よくできたチョコレート。
たぶん、さびさびの工具を型にしているのだと思います。
間近で見ても、さびさびの工具みたいでした。

1130 (18)
↑このカワイイリースを買いました。
生花のリースなので、とてもいい香りです。
家の玄関に早速飾りました。


1130 (20) 1130 (21)
↑冬は日が落ちるのが早い。
現在の日没は15:55。
イルミネーションが映えます。

1130 (11)
↑でも、ツリーはそんなに見栄えしませんでした。
もうちょっと電飾があってもいいような。

年末に産まれた息子、今度が初めてのクリスマスになります。
本場?ヨーロッパのクリスマス風景を見せてあげたいです。

| お出かけ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Windsor Castle

天気予報は曇りだったのに、いいお天気の日曜日!
こんな日はお出掛けしないともったいない!

今日はロンドンの有名な観光地でありながら、
まだ行ったことがなかったウィンザー城に行ってきました。
ウィンザー城は、女王が週末を過ごすお城です。
1992年の火災で焼失した部屋の再建費に、
バッキンガム宮殿を一般公開し、その入場料を当てたのだそうです。
税金に頼らないなんて、すばらしい。

せっかく?英国生まれなのに、全然ロンドンの有名どころに行ってない息子が、
大きくなって写真を見て、アレ??ってならないようにカメラに収めておこう。


1109 (1)
↑ウィンザー城の電灯は、王冠をかぶっています。かわいい。

1109 (2)
↑この門の先の居室に女王がいらっしゃるそうです。

1109 (3)
↑シンボル的なラウンドタワー。

見学できるのはこの辺の外回りと、ステートアパートメントという建物の中だけなのですが、
建物の中は写真撮影ができないうえに、ベビーカー不可でした。
約10kgになった息子をヨイショっと抱っこして、豪華絢爛な建物内部を見学してきました。

古い時代に深い興味がない私たち。
えーと・・・。今まであちこちで見た貴族のお屋敷と似たような感じかしら。
・・・なんて女王に失礼な。
贅を尽くすと、金ぴかで胸像があって絵と椅子がたくさん。というところに落ち着くのかなぁ。

ただ、甲冑や刀や拳銃などの武器コレクションは群を抜いていました。
物騒なものが苦手な私には悪趣味・・・とおもうほどに大量に飾られていました。
それから、予想以上に大きかったドールハウスは本当にすごかったです。
でも、ガラス張りの向こう側なので、もっと近くで見たかったなぁ。

そして1時間ほど建物の中を見学して外へ。

1109 (4)
↑きれいな中庭がちらっと見えます。

1109 (5)
↑そしてまたラウンドタワーの横に戻ります。

そこで、あ!っと気が付きました。タワーの旗が変わってる!

1109 (6)
↑コチラ、入城した12時半ごろの旗。風が無いので分かりにくいですがユニオンフラグです。

1109 (7)
↑そしてコチラ、建物の見学が終わった13時20分ごろの旗。王室旗です。

この旗はユニオンフラグのときは女王不在、王室旗のときは
女王がいらっしゃることを表します。
ということで、私たちが建物の中を見ている間に女王がご帰宅されたのですね。


お城の出口の近くにあるのは、ジョージズチャペル。

1109 (9) 1109 (10)
↑大変美しい建物です。

1109 (8)
↑きちんと機能している日時計。

1109 (11)
↑そして出口。

青空と緑の芝がとても映えるお城でした。

お城から出たら、

1109 (12)
↑ランチ♪たまたまあったギリシャ料理のお店でいただきました。

あちこちお城や貴族のお家を見てきましたが、
実際に使われているお城というのは、なかなか見なかったので、
この廊下を女王や各国要人が歩いたりするんだなと思うとミーハーな気持ちになります。
日本の皇居も公開すればいいのに。

貴重なお天気の週末、楽しんできました。

| お出かけ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Ely

いいお天気の土曜日。

1101 (1)
再びElyに行ってきました。

前回来た時も11月でした。1年が早い・・・
そして、前回は日曜日だったので、あまりお店が開いてなかったのですが今回は土曜日。

1101 (3) 1101 (2)
↑マーケットが開いていました。
あれっ。あんまり写真がない。

毎年11月は赤いポピーをあちこちで目にします。
戦没者の遺族や戦争で怪我を負った人たちへのチャリティのシンボルです。
今年は第一次世界大戦勃発の100周年ということで、
去年よりもたくさん赤いポピーを見かけます。

Elyでもイベントをしていました。

1101 (4)
↑なんと蒸気自動車!?

蒸気自動車が停まっていたすぐ前のレストランで、
ご飯を食べていたら、動き出したので思わず動画を撮ってしまいました。


↑おぉ、動いてる動いてる。


ランチの後はお店を覗いて歩きました。
インド系のおばちゃんが切り盛りしているお店がおもしろそうで入ってみると、
そこは、あらもの屋さん?日用雑貨屋さん?
ちょっと懐かしい感じの身の回りのものがたくさんあるお店でした。

1101 (8)
↑こんなのをお買い上げ。

1101 (10)
↑ユニオンフラグのは、クルマのドアミラーカバー!
これを付けたら、なんちゃってMINIになるという・・・

1101 (9)
↑洗濯ばさみ。色がかわいくて思わず。

洗濯ばさみは値段シールが付いていましたが、
ドアミラーカバーとシャボン玉にはついていなくて、いくらかなぁ?と思ってレジに行ったら、
「これ、値段付いてなかった?」と逆に聞かれて、ハイ。と答えたら・・・
「んー、じゃ、1ポンドね。」と適当な値付けをしてくれました。安っ。

そして、最後にアンティークショップに♪

1101 (5) 1101 (6)
↑いいものをみつけました。

黒いのは暖炉の前に設置するカバーです。
50cm×30cmくらいの小さなものなので日本の家にも置けそう!
あとはマントルピースを作ればOK。
うーさん、頼みましたよ。

暖かくて気持ちのいい土曜日でしたが、来週からは寒くなるようです。
あぁ~、冬が始まっちゃいます。

| お出かけ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。