| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Flea Market

0603 (3)

青空が眩しいFlea Market☆


0603 (5) 0603 (6)
0603 (4) 0603 (7) 0603 (8)

↑ステキなモノがたくさんありました。


会場はほとんどが芝生で、木陰もあったので、わんこがたくさんいました。

0603 (9) 0603 (10)
↑スムースのブラタン・ダックスも☆
こんぶ、上手にご挨拶できたねー!




0603 (11)
↑連れて帰ってきたのはコチラ。

先日、Arkyさんにご指南いただいたツールボックス、発見しました!
Arkyさんが仰っていたようにオジサマたちと競って、
一瞬の隙を突いて(?)連れて帰ってきました。むっふっふ。

よく見かける真四角のものではなくて、角が丸いタイプ。
中身は、釣りの道具でした。
ホンモノそっくりのミミズにおののきながらお掃除・・・
きれいになりました。


袋に入っているのは、扉の取っ手と、引き出しの取っ手。
お揃いのデザインで、銅でできているようです。緑色に変色しています。
うーさんが、これで何か作ってくれるそうですー♪


0603 (12)
↑これは、まだ密閉されたままの小さな救急セット。
スパム缶みたいに、ぐるぐるっと巻き取ると蓋が開きます。
開けて中を見たいような、このままにしておきたいような。


ここは今回初めて来たFlea Marketでしたが、今までで一番楽しかったかも☆
また行きたいなー。また今度来れるかな?
・・・ ”今度”っていつでしょうー?
スポンサーサイト

| ☆アメリカ | 17:25 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西へ

今日は西へ3時間。
もう少しでミシガン湖のあたりまでお出かけしてきました。


0520 (1)
↑前のクルマには、おウマさんが!
のんびりのどかな田舎町です。

お友達に教えてもらったアンティークショップを目指したのですが、
その街にはアンティークショップがたくさん!


0520 (2) 0520 (3)
0520 (4) 0520 (5)
↑そのなかから何軒か見て回ってきました。


この街でも探し物の食器を発見。やったー
大事に抱えてきました。

それと

0520 (6)
↑大きな鉄のカゴ。
大きいものはもう買っちゃダメだというのに。あー・・・


0520 (7)
↑・・・でもスタッキングできるし。



今日は34℃くらいまで上がり、とっても暑い1日でした。
クルマから降りるとむわ~っと熱気があがり、お店の中もあまり冷房が効いていません。
もうすぐ帰国の私たちは、日本の夏が怖くてしょうがないです。
もっと暑くもっと湿度がある日本の夏!そしてクルマより歩く機会が多い日本!
道路を渡るだけで、ふぅふぅ言っている私たち。大丈夫かしら・・・

| ☆アメリカ | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宝探し

早朝ゴルフから戻ったうーさんとアンティークショップに行ってきました。


お店の手前の信号が壊れていて、警察官が手信号で交通整理をしているな・・・
と思ったら。

その辺りが停電だったようで、アンティークショップも真っ暗!


0519 (6)
↑フラッシュライトいる?と貸してくださった、
鈍器のようなBig懐中電灯を片手に本気の宝探しです!
なに?この状況!冷房も止まっていて暑いのですが、なんだか楽しい♪

全然関係ないですが・・・

0519 (8) 0519 (9)
↑我が家の懐中電灯。
ぽちっと背中のボタンを押すと口が開いて薄ぼんやり明るくなります。
緊張感ゼロの懐中電灯です。


懐中電灯を握る、うー隊長。
すっかり私の探し物を心得ているので頼もしいです。

ここからQueen Maryを探し出してくれました☆ありがとー


それとコチラ。
以前、このお店に来た時にどうしようか迷っていたものです。
まだあってよかった。

0519 (7)
↑ドアノブが付く部分からフックが出るようにして壁に設置したい!


レジでもカードが使えず、2人のお財布から寄せ集めるようにしてお支払。
あぶなかった~

宝探し、楽しかったです!

| ☆アメリカ | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

荷造り

帰国のための荷造りを進めています。

我が家は2回に分けて船便を出す予定です。

第1便は、今すぐには使わない大事なモノを送ります。
アンティークの多くが第1便で送られます。


0519 (1)
↑こういった割れないモノは自分で大事に梱包しました。

買い集めた洋書、アルバム、お気に入りのインテリア雑貨も割れないものは自分で。


ガラスなどの割れ物は、プロにお任せ♪
万が一破損したときのことを思い、記念に写真に撮っておきました。

0519 (2)
↑カラフルなPyrex。

0519 (3)
↑パステルなFireking。

0519 (4)
↑繊細なMacbeth Evansとその他ガラス。

普段使っているアンティークを出して写真を撮る気力がなく、
とりあえず撮影会終了!

あとはミシン、ストーブ、カート、ベンチ、はしごなどの大物アンティーク、
クリスマスツリーやDimplexのストーブもプロにお任せ♪です。


それから、割れたら悲しいこれらもプロに。

0519 (5)
↑ステンドグラス。1年半でたくさんできました。



船便第1便が出ると、家の中には生活必需品と処分するもののみになる予定。
少数精鋭にして、第二便はなるべく少なめに!と思っています。

| ☆アメリカ | 12:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Queen Mary

私がこちらのアンティーク食器を見て、目からうろこだったのは、
”ガラスでできていること”です。

日本にいたころはガラスの食器は、冷えたものを乗せるものという思い込みがあり、
温かいもの・熱いものに使えることにびっくり。
耐熱ガラスだったら、オーブンにも入れられます。
そして、温かいもの・熱いものを入れても全く違和感がないことにびっくりでした。

少しずつ集めた食器を眺めて、
ミルクガラスのカップ&ソーサーは十分そろっているのですが、
まさに”ガラスのカップ&ソーサー”!
という感じのクリアのタイプがないことに気が付きました。


繊細なパターンのペタルに合わせて、クリアなカップ&ソーサーを探していて、
見つけたのがコチラ。


0517 (2)
↑Queen Mary。
数週間前に手前から2番目のカップ&ソーサーと、一番奥のカップのみを見つけ、
本日、一番手前のセットと一番奥のソーサーを見つけました。
ペタルにもピンクのクリアがあるのですが、こちらが気に入ってしまいました。


0517 (3) 0517 (4)
↑ペタルとよく似た直線的なデザイン。
もしかして同じマクベスエバンス社のかしら?なんて思っていました。
タグにもPink Depと書いてあるだけ。

しかし、ある方のブログでこのパターンがQueen Maryという名前で、
会社はHocking社だと分かりました。
身元が分かると愛着が増します・・・


0517 (5) 0517 (6)
↑実は数週間前に見つけたものと今日見つけたものはソーサーが違います。
右のが数週間前に見つけたもの。
本物?は、今日見つけたほうみたいです。
右のは、カップのリングがないので、たぶんケーキ皿。
私としては全く違和感がないので、これもソーサーとして使います。

| ☆アメリカ | 14:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。