| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドブロブニク 4

朝起きて、荷物をまとめ、階段を大荷物で下ります。
もう、これだけは辛かった!


早朝なので、
0921 (1) 0921 (2) 0921 (3)
↑プラツァ通りもオノフリオ噴水もフランシスコ会修道院も、
がらーんとしていて、ほとんど人が歩いていません。
ピレ門を出たところで、予約していたクルマに乗り
さよならドブロブニク!

順調に空港に向かい、順調にチェックインして、順調にゲートまで行き、
移動用のバスに乗って飛行機の下まで行ったのですが、
30分もバスの中から降ろしてもらえません。
なんで?なんで?となっていたら、機長登場。
「テクニカル問題で直るまで飛べません。どれくらいかかるか分からないので、
一旦ゲートに戻ります。」
・・・なんと。
結局3時間半待って、やっと飛び立つことができました。
こういうときに、しょうがないよね。と受け入れられる、うーさんは本当にすごい。
気が短い私は、どうしてもイラッとしてしまいます。
まだまだ修行が足りません。

0921 (4)
↑飛行機からのアドリア海。
残念ながら雨だったので、きれいなブルーは見えませんでした。

ロンドンに着いてからも、着陸待ちで空を旋回し、
予定と違うターミナルに降りたのでターミナル間を移動し、
とんでもなく時間がかかって家に戻りました。
ただ、息子はぐずることもなく、いい子にしていてくれて助かりました。



あぁ~、楽しかったドブロブニク。
お買いものもたくさんしました。

0921 (5) 0921 (6)
↑アドリア海の真珠ではなく、サンゴのピアスを買ってもらいました。

0921 (8) 0921 (7)
↑そして”ドブロブニクのボタン”という銀細工。
元々は結婚する女性に結納のような形で贈られていたそうです。
ひとつは母にお土産にします。


0921 (9)
↑マラ・ブラーチャ薬局で買い求めた
シワ取りクリームとオレンジのハンドクリーム、ローズウォーター。
現在も営業している薬局の中では世界で3番目に古いそうです。
ここのコスメは手作りの自然派コスメで、
つい最近、21世紀になって一般販売されるようになりました。
中世から引き継がれる門外不出の秘伝のレシピで作られていると聞けば、
ものすごく効き目がありそうです。

0921 (10)
↑3日目にぶらりと入った本屋で発見!
何か有名な絵本のクロアチア語バージョンは無いかな?と探したら
クロアチア語の”かいじゅうたちのいるところ”がありました!


0921 (13)
0921 (14) 0921 (15)
0921 (16) 0921 (17)
↑そしてクロアチアの切手。
バラ売りは無くて、1年ごとのセット売りでした。
なぜか2014年版が無かったので、息子が産まれた2013年版にしました。

0921 (11) 0921 (12)
↑クロアチアの通貨、クーネ。
コインだけ手元に残しました。
ユーロ入りしたので、そのうちクーネは無くなってしまう。
かわいいデザインなので、なんとなくもったいないです。

息子はまだ小さくて記憶に残らないのが残念ですが、
ホラ、君も一緒にいったんだよ!と言えるようにたくさん写真を撮りました。
日本にからだと、ちょっと遠いヨーロッパ。
本帰国までに、もう少し見て回れたらいいなと思っています。
スポンサーサイト

| ☆Croatia | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドブロブニク 3

朝、息子の授乳で起きてみると、不穏なお天気。
アレ?今日もいい天気のはずだったのに。

ケーブルカーが動く時間に合わせてチケット売り場に行ってみたら、

0920 (13)
↑なんとー!Out of order.
天候不良で動いてないのだそうです。えー!!!!
まだ雨も降ってないし、風も強くないのに?えー!!!!!
楽しみにとっておいたのにー!えー!!!!!!
昨日はグラスボートじゃなくて、ケーブルカーが正解だったかー。

がっくり肩を落として、旧市街に戻りました。
ケーブルカー乗り場に一番近い門に

0920 (2)
↑世界遺産マークを発見しました。

0920 (1)
↑それとこの看板。内戦時の被害状況を記したものです。
黒い三角が爆弾が直撃した場所。
私たちの宿にも直撃したようでした。

0920 (3)
↑旧市街をよく見ると、黒く壁がくすぶった跡が残っています。
あぁ、ここにも爆撃があったんだな・・・と思いを馳せていると、

0920 (4)
↑おもしろオジサン発見です。
手前のカッパさんではありません。

0920 (5)
↑この傘!じゃないなぁ。帽子!!
オジサン、どこで買ったのかなぁ。
これを平然とかぶっちゃう勇気がステキです。


ドブロブニクはダルマチア地方で、
ダルメシアンの原産地です。
どこかで見かけるかな?と思ったのですが、

0920 (6)
↑このオブジェだけでした!



ケーブルカーに乗れないし、どうしようかー?と言いつつ、
城壁の外を歩いていると、

0920 (7)
↑魔女の宅急便のキキが働いていそうなパン屋さん発見。
そういえばクロアチアの有名なパンがあるみたいです。
滞在中に食べられるかな?

ブラブラ歩いて、また旧市街に戻ってきました。
小さな街なので、すぐに戻ってこられます。
週末だからか、昨日とは比べ物にならないほどの人がいっぱいです。

0920 (8)
↑マーケットが開いていました。

0920 (9)
↑ここでおいしいドライイチジクとオレンジの皮の詰め合わせをお買いもの。
隣のチョコレートはクロアチアの名産です。

そうこうしているうちに、雨が本降りになってきたので、
傘を持っていない私たちは雨宿りがてら早めのお昼にしました。

0920 (10) 0920 (11) 0920 (12)
↑野菜のラザニアとダルマチア・ハム。
お店の人がとても親切で、息子を構ってくれたり、
ミルクのお湯を心配して声を掛けてくれたり、嬉しかったです!
本当はここでクロアチアのコーヒーを飲みたかったのですが、
なぜかお湯が出なくて、暖かい飲み物は注文できませんでした。

そこでカフェを探して移動。

0920 (15) 0920 (16)
↑ピレ門近くのカフェに入りました。
アメリカンでもかなり濃いコーヒーと甘さ控えめのチーズケーキ。
おいしくいただきました。

いよいよやることがなくなってきて、ピレ門を出てみました。

0920 (17)
↑お。明日、城壁マラソンをするようです。
急な階段があるので、雨が降らないといいのですが。

そして何気なく山の方を見てみると!
私の無駄に鋭い眼光が捕えました。
ケーブルカー、動いてる!!!

城壁の外の少し上った位置にいたので、旧市街に戻らず、
城壁に沿って道を進み、ケーブルカー乗り場へ。

0920 (14)
↑やった♪

グイーンとケーブルカーで上ってみて、いくつかのラッキーが重なりました。
まずは当初はベビーカーで行くつもりだった山頂。
エルゴで散歩中で、宿にベビーカーを取りに戻らずそのまま行ったので、
山頂から少し下って、ケーブルカーの支柱を避けた旧市街が見ることができました。
ベビーカーでは、あのでこぼこ道はムリでした。

0920 (18)
↑おぉー!キキやポルコが見たかもしれない景色!
この時だけ雨がやみ、日没前だったのでこの景色が見られた幸運。

私たちが乗ってきた便のあと、また営業停止したのか、
あとから人が増えることはなく、ガラガラでした。
ギリギリ上れてよかった。

山頂には

0920 (21) 0920 (20)
↑内戦時の砦が独立戦争博物館として残っています。
つい20年前のことなので、写真や映像がたくさん残っており、
昨日のんびり歩いた城壁や、港、狭い階段路地裏から
煙が上がり、炎につつまれ、破壊されている様子を映像で見て、
なんとも辛い気持ちになりました。
しかし、そこから短い期間で街を元通りに修復し、
今の美しい街並みを取り戻したということに並々ならぬパワーを感じました。


そして下山しようとケーブルカー乗り場に戻ると、
雨と風が強くなってきたので、どうやら最後?の下山便。
間に合ってラッキーでした。危なかったー。

そして、思いがけず、

0920 (19)
↑夜の旧市街を上から見ることができました!
キラキラ・ネオンの夜景ではなく、
オレンジ色の暖かな光で旧市街にぴったりです。

息子はエルゴの中で熟睡。
私たちも疲れがでてきたので夕飯はレストランではなく、
スーパーでパンを調達して宿で食べることにしました。

0920 (22)
↑これが名物のパンのようです。
これがドブロブニクでの最後の晩餐!
味は・・・ うーん。残念でした!
ちゃんとしたパン屋で買えばよかったかなぁ。

明日は朝10時の便でロンドンに戻るので早起きです。

| ☆Croatia | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドブロブニク 2

今日もいいお天気!
今日は旧市街を囲っている城壁の上を巡ります。


0919 (1)
↑チケットを買って、いざ。
城壁の上は高低差がかなりあり、階段・階段・階段。
もちろん、ベビーカーでは無理なので息子はエルゴで抱っこです。
日影が無いので日傘を持っていきました。持って行ってよかった。

ピレ門の横から城壁に上がると、いきなり最大の急階段があります。
もう、ひーひー言いながら登り、下を見ると、

0919 (2)
↑メイン通りのプラツァ通りです。
朝なので、まだ人出が少ないです。

0919 (3)
↑真下を見ると、オノフリオ噴水。
このお水は飲料水だそうです。

城壁には、このようなのぞき穴がたくさんあり、

0919 (4)
↑まるで絵画のような旧市街が見えます。

0919 (5) 0919 (6)
↑美しいブルーのアドリア海とオレンジの屋根。


ドブロブニクは約20年前に内戦があり・・・

0919 (7)
↑美しい旧市街のあちこちに、その跡が見られます。


0919 (8)
↑プラツァ通りから離れた城壁近くは民家があります。
小さい靴下から順番に並んで、Tシャツもグラーデション!
こんなカワイイ干し方をしています。
毎日、観光客が見るからでしょうか。

城壁巡りのちょうど真ん中、ピレ門の向い側は港になっています。
昨夜、夕飯を食べた港です。

0919 (9)
↑ポルコの飛行艇がいそう?

0919 (11) 0919 (12) 0919 (10)
↑そして山側の城壁から眺めるオレンジの屋根!


0919 (13)
↑これが城壁巡りで一番高い場所のミンチェタ要塞です。

ここに行く前に手前のカフェで一休み。

0919 (15) 0919 (14)
↑城壁の上は日陰がほとんどなく、いいお天気の今日は暑い!暑い!
お店のおねえさんオススメのミックスジュースを飲んで水分補給です。

2時間ほどかけて、ゆっくり城壁からの景色を楽しみました。

階段をたくさん上り下りしたので、
さー、次はランチ。今日も食べるぞシーフード。

0919 (16) 0919 (17)

↑タコのカルパッチョとアドリア海の恵み大皿。
うーさんはクロアチアビールを飲みました。

タコもエビもイカも、どれも甘みがあっておいしい。
あー、幸せ。

それから旧市街の細い道をのぞいて、お買い物を楽しんだあと
さ、次は何しよう?
グラスボートに乗るか、ケーブルカーに乗るか。
楽しみにしているケーブルカーは明日に残しておいて
グラスボートを選びました。

0919 (18)
↑息子、アドリア海で、海デビュー!
公園デビューはグエル公園だったし、オシャレだねぇ。

しかし・・・
見た目では分かりませんでしたが、結構波が高くて
グラスボートがかなり揺れて、うーさん撃沈。
私と息子は大丈夫でしたが、そんなにお魚もいなかったし、
景色もうーん。

0919 (19)
↑一応、海からの旧市街を撮ってみたり。

一度宿に戻って、撃沈したうーさんの回復を待ちつつ
私と息子はお昼寝♪
元気になったところで街歩きを再開しました。

0919 (20)
↑海側の急な階段をベビーカーを抱えて上ると、

0919 (21) 0919 (22)
↑聖イグナチオ教会がありました。
祭壇?全体が凝った絵画になっており、
写真で見るとあまり感じないのですが、ホンモノはとてもきれいでした。

そして2日目の夕飯。

宿から大通りに出るところにあるレストランにしました。
通るたびに呼び込まれるので、一回行ってみよう!ということで・・・

0919 (23)
↑ウェルカムドリンクでドライマティーニが出てきました。
私はいつもは飲みませんが、ちょっといただきました。

0919 (24)
↑お皿がステキ。旧市街になっています。

0919 (25) 0919 (26)
↑私はシーフードサラダ。うーさんはボロネーゼ。
ちょっとシーフードに飽きちゃったそうです。
私は全然OK!
でも、サラダもボロネーゼも水っぽくて、うぅ~イマイチ。
と言いつつも、完食して宿に戻りました。

宿でゆっくり。
あとはお風呂にはいってのんびりするはずだったのですが、
ここで息子に災難!
うーさんに抱っこされてシャワーを浴びているときに、なんと停電!
突然の暗闇でシャワーが怖かったのか号泣しておりました・・・
かわいそうに。
停電はすぐに復旧しましたが、このあともう一度停電。
ドライヤーや電気ポットを使うのがドキドキでした。
何だったんでしょう。

| ☆Croatia | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドブロブニク 1

3泊4日でクロアチアに行ってきました。
ロンドンから飛行機で約2時間半。近い!!

今回の行先は、

0918 (1)
↑ドブロブニク!

0918.jpg
↑旧市街が「紅の豚」や「魔女の宅急便」の
モデルになった場所のひとつと言われています。
”アドリア海の真珠”と呼ばれる美しい街です。
周囲の人からステキだったとよく聞いたし、
美味しい食べ物、きれいな景色、魅力的な名産品と揃っていて、
もう女子憧れの地という感じです。


ドブロブニク空港着が16時だったので、旧市街に着いたのは17時半ごろでした。

旧市街は真ん中を通るプラツァ通りが一番低く、
海側と山側に向かってV字に谷のようになっています。
私たちの宿はプラツァ通りから山側へ1本半上ったところなので、

0918 (11)
↑急な階段をスーツケース&手荷物&ベビーカー&息子を持って上り、
息も絶え絶えになりました。

宿に荷物を置いて、旧市街をお散歩してみます。
旧市街には特別なクルマ以外は通行禁止なので、
ぶらぶら歩きに最適です。

城壁の門、ピレ門の横にあるフランシスコ会修道院の壁にある、

0918 (8)
↑この出っ張り。
この上で服を脱ぐと願いが叶うとか。

うーさん、チャレンジー!

0918 (9) 0918 (10)
↑バサッ。おぉっ。成功しました!願いが叶うといいねー。

そして本日のディナー。
港のそばのレストランでいただきました。

0918 (2) 0918 (3) 0918 (4)
↑うーさんはツナのピザ。私はシーフードリゾット♪
やっぱりシーフードを食べなくちゃ。
英国よりも気温が暖かかったので、外のテーブルでいただきました。

ピザもリゾットも、魚介の味が濃厚でおいしかったです。
ただ、食べているうちにどんどん日が落ちて、
テーブルのキャンドルだけでは手元が暗くなり、
何を食べているのかよく見えない闇鍋状態になったのが残念です。
口に入れてみて、「あ。ホタテ!あ。イカ!」みたいな感じでした。

食べ終わる頃にはすっかり日が落ちて、

0918 (5) 0918 (6) 0918 (7)
↑夜の旧市街。
余計な光がなくて本当にステキ。

天気予報では明日も明後日もいいお天気!
明日に備えてゆっくり寝ます。

| ☆Croatia | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。