| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリュッセル 2

今日は朝から気持ちのいい天気。
風が無く、気温が16℃くらいまであがるので、
歩き回るにはぴったりな気候です。

ご飯はホテルの1階で頂きました。

1122 (1) 1122 (2)
↑ベルギーなので、やはりワッフル。
息子も、食パンとプレーンヨーグルトをもらい、
あとは持ってきたバナナで。


1122 (3)
↑お部屋からの眺めです。
すぐ目の前がサブロン広場で、アンティークマーケットをしています。
朝7時前には、開店の準備をしていいるお店がありました。
あとで行ってみます。


1122 (4)
↑ブリュッセルの街並み。
趣がある建物がたくさんあります。
坂が多い街です。

坂をどんどん上ると、見晴らしがいい場所、

1122 (5)
↑Mont des Arts( モンデザール)に到着。
奥の塔は、昨日見たグランプラスの市庁舎です。

さらに上ると落ち着いた公園があり、

1122 (6)
↑王宮があります。

ちょっと地味だな・・・と思いましたが、

1122 (7)
↑門は金ぴか。
ブリュッセルは、こんな感じの石畳があちこちで見られます。
見る分にはステキなのですが、ベビーカーが大変!
のちに、この石畳による段差でプチ事件がおこります・・・


王宮を見た後、今度は坂をどんどん下ります。
グランプラスの近くまで行くと・・・


1122 (8)
↑かの有名な小便小僧、ジュリアン君がいます。
私の卒業した小学校の池にもいました。
世界三大ガッカリと言われているようです。

この近くでおいしいワッフルが食べられます。

1122 (9) 1122 (10)
↑Dandoy( ダンドワ)です。
東京にも支店があるのだそうです。

1122 (11)
↑こちらをいただきました。
リエージュ風ワッフルのキャラメルソース掛け。
朝、ホテルでいただいたのは、ブリュッセル風ワッフル。

リエージュ風:ワッフル自体に甘みがあり、しっかりとした食べごたえ。
ブリュッセル風:ほとんど甘みがなくて軽い。トッピングで楽しむ。

このワッフル、モチモチでおいしかったです!


こうして名物のムール貝とワッフルをしっかり堪能したので、
あとはベルギーのアンティークを見てみたい!

まずはホテルのチェックアウトをしようと道を戻っていたら、


1122 (12)
↑タンタンの壁画!
かわいいです。あちこちにあるようです。

ホテルに入る前にサブロン広場のアンティークマーケットをのぞきます。

1122 (13)
↑このおじいさんのお店で、

1122 (32) 1122 (33)
↑コチラを買いました。
チョコレートの型です。ベルギーと言えばチョコレート。
いいものが見つかりました。

ルンルンで部屋に戻ってふと見ると・・・
私のバッグが無い!!!
ベビーカーのハンドルに掛けていたのですがフックごと無い!
うーさんと2人、よくよく気を付けていたのに。
あ~、すられちゃったんだ・・・
と肩を落とす私。携帯・鍵・財布・カード。そして息子のベビーグッズ。
あぁぁ。
うーさんが「ちょっと見てくる!」と言って部屋を出て行きました。
見つかるはずないよな~。と思っていたのですが、
部屋に戻ってきたうーさんの手には私のバッグ!
「えぇ!見つかったの??」と聞いたら、
「お店の人が拾ってくれていた。」と。
どうやら、盗られたのではなく、
マーケットを出る最後の石畳でベビーカーが大きく揺れて、
息子の様子に気を取られているときにフックごと外れて落ちたようでした。
中身も全部そのまま。あぁ、よかった。

自分のうっかりを棚に上げ、
ブリュッセルは治安が悪い!なんて思ってしまってゴメンナサイ。
それどころか、ちゃんと拾っておいてくれるなんて!
ブリュッセル、スバラシイ街です。


チェックアウトを済ませて、アンティークショップの近くまで移動します。

1122 (14)
↑このおもしろそうなお店に入ってみました。

1122 (20) 1122 (19) 1122 (16)
1122 (18) 1122 (17) 1122 (15)
↑もう、それはそれはかっこいいジャンクでいっぱい!
でも、お値段が。
お店の雰囲気とぴったりのジャンクで、
見るだけでも十分楽しめました。

もう一軒、同じ系列のお店ものぞきました。
似たような感じのものがほとんどでしたが、

1122 (21)
↑こんなハウスナンバーが山ほどありました。
562はないか?うぅーん。惜しいのは幾つかあるなぁ。

1122 (34)
↑あ!!!あった。お買い上げ。

アンティークショップで盛り上がっていたので、
そろそろお昼ご飯を食べて、フランスに戻らなければいけません。

1122 (22)
↑コチラで。

1122 (23)
↑アイスティー。なんと炭酸入り。もー、なんで?

1122 (24) 1122 (25)
↑そしてミートボールと牛のカルパッチョ。

慌ただしくお店を出て、フランスへ。
チェックインよりも少し早く着いたので、
1本前の列車に変更しました。

1122 (26) 1122 (27)
↑フランス側の駅です。

1122 (28)
↑30分程度で着いちゃうので、寝るヒマはありません。
運転席で遊ぶ息子。楽しいね~。

帰りは渋滞も無く、家に戻りました。
うーさん、長時間の運転、ありがとう!


1122 (29) 1122 (30)
↑LIBECOで買ってきたリネン。
一番左端の紫のリネンがちょっと変わっています。
表面にコーティングがされていて、つやつやしています。
でも、100%リネンだと言ってました。アイロンももちろんOKだそうです。
水通しして、どれくらいシワになるか見て、
何を作ろうかゆっくり考えます。

1122 (35)
↑ブリュッセルご当地Tシャツ。
うーさんと息子のです。

1122 (36) 1122 (37)
↑私は本。ミュージアムショップで買いました。

1122 (38)
↑そしてベルギーの切手。
本当はタンタンの切手が欲しかったのですが売り切れでした。
こちらはマグリットの絵柄です。

1122 (31)
↑あと、新聞。
たぶん、フランス語です。
ブリュッセルはフランス語が主言語です。


プチ事件?もありつつ、楽しい旅でした。
渋滞さえなければ、簡単にヨーロッパ大陸に渡れることが分かり、
さー。次はどこに行こうかしら。なんて考えています。
スポンサーサイト

| ☆Belgium | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリュッセル 1

1泊2日でベルギーに行ってきました。

日本に住んでいると、外国旅行=飛行機ですが、
アメリカだと出入国審査はあるもののクルマでカナダに行けます。
EU圏内なら、何もチェックがなくてもクルマでお隣の国まで行けます。
EU圏内でも島国のイギリスは??
なんとクルマでフランスに渡ることができます。
海の下のトンネルでわずか30分程度でフランスに行けちゃうのです。

今回我が家もやってみました。マイカーでヨーロッパ大陸へ!
と言っても道路があるわけではなく、
クルマごと列車に乗り込んで運んでもらいます。

出発時刻を選んで予約し、出発の30分前までにチェックインをします。
私たちは10:20発なので9:50までにチェックインです。
余裕をみて家を出たものの・・・
事故渋滞と橋渋滞につかまってしまい。


1121 (1)
↑9:49にギリギリチェックイン!あぶないあぶない。


1121 (2)
↑一息つく間もなく、プラットフォームへ向かい列車の中に。


1121 (3)
↑列車の中をクルマで進む。不思議な感じ。


↑コチラ、到着時の動画ですが、こんな感じ。


そして駅から出たら・・・


1121 (4)
↑そこはもうフランス♪


1121 (5)
↑しばらく走ったらもうベルギー♪



今回の主目的は・・・

1121 (6)
↑LIBECOのアウトレット!

ベルギーは良質なリネンの産地として知られています。
実は、同じくリネンの産地リトアニアに行きたいな~と
思っていたのですが、なんだかもう寒そうなので躊躇していたところ、
ベルギーにも良いリネンがあることが分かり、
しかもそのアウトレットが12月初めにに閉まってしまうことが分かり、
こうして慌ただしくもやってきたのです。

1121 (7) 1121 (8)
↑おぉう。あるある。
洋服にできそうな薄地の生地をいくつか選んで買ってきました。
1.5mずつ切ってもらったのですが、
もう閉鎖してしまうためか、50cm強残った余りもそのままくれたので、
2m強くらいあります。やったー。


1121 (9)
↑布以外に欲しかったモノ。
いいなぁこの棚。
もしいらなかったらちょうだい!って言えばよかったかも?



そしてブリュッセルまで移動して、本日のお宿。

1121 (10) 1121 (11)
1121 (12) 1121 (13)
↑サブロン広場の目の間にあります。


もうだいぶ日が落ちてきていますが、外に出ます。

1121 (14)
↑ホテルの並びにコミックカフェですって。
ベルギーの有名な漫画、タンタンの像がありました。

10分程歩くと、街の中心、Grand Place(グランプラス)に到着です。
世界一美しい広場と言われており、
2年に一度行われる、花びらを敷き詰めたフラワーカーペットで有名です。


1121 (15) 1121 (16) 1121 (17)
↑一番背が高い建物は市庁舎。立派!!ライトアップがきれいです。
ちょうどツリーの飾りつけをしていました。

1121 (18)
↑市庁舎の横の建物にある像。エヴラード・セルクラースさん。
15世紀に貴族と戦い命を落とした英雄だそうです。
腕に触ると幸運がやってくると言い伝えられているので、
みんな通りすがりに触っています。
私たちも触っておきました。


1121 (19)
↑そしてここがGalerie St. Hubertus(ギャルリー・サンテュベール)。
ヨーロッパ最古のアーケード街のひとつだそうです。

1121 (26) 1121 (27)
1121 (24) 1121 (25)
↑ウィンドーショッピングだけでも楽しめました。

1121 (20) 1121 (21) 1121 (22)
1122 (39) 1122 (40) 1122 (41)
↑と言いつつ、ここでお買いもの。
ベルギー王室御用達チョコレートです。
天然素材にこだわっているそうです。

庶民の私たち、「おぉぉ。結構なお値段ですなぁ。」
なんておしゃべりしていたら、日本人の店員さんがいました。
恥ずかしい・・・



夕飯は、

1121 (28)
↑右側のChez Leon(シェ・レオン)で。
ベルギー名物のムール貝が有名な老舗のレストランです。

1121 (29) 1121 (32)
1121 (30) 1121 (33) 1121 (34)
↑魚介のスープ、エビとチーズのコロッケ、ポークケバブ、
そしてムール貝のパスタ。
美食の国ベルギー!どれもおいしかったです。


ホテルに戻る途中、またグランプラスを通りました。

1121 (35)
↑あ。ツリーのライトが消えている。
設置のためにあのときだけ点けていたようです。
昨日からブリュッセルに来ていたという関西人のオジサンが、
昨日はツリーが無かったと言っていたので、
ちょうど点灯しているところが見れて良かったです!

ブリュッセル、日本人がいっぱいでした。
日本語メニューがあるレストランもたくさんあったようですし、
レストランの呼び込みをしている人も、片言の日本語で話しかけてきます。
ちょっとドブロブニクみたいでした。

| ☆Belgium | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。