PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イースターとは

毎年変わる祝日、イースター。
「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」なのだそうです。
2011年は4月24日。
来週の日曜日です。

結婚式も人前式で済ませたほどの無宗教な我が家。
イースターってどんな行事なのか??
ちょっと調べてみました。

キリスト教でイエスの復活を祝うものとされていますが、
実はもっと古くからあったそうです。
元々は長い冬の終わり・春の訪れを告げる祭りで、
大自然の生命の復活を祝ったものだそうです。

古代ヨーロッパで春の女神Ostera(Easterとも呼ばれる)を奉ったことに起源があり、
Osteraは手に新生の命のシンボルである大きな卵を抱え、
繁殖の象徴であるうさぎを従えています。
イースターとは春の女神の名前が由来でした。

ということで、この時期になるとアメリカのお店は、

IMG_1769.jpg
↑ウサギとか。

IMG_1768.jpg
↑タマゴとかヒヨコとか。


で、いっぱいになります。
(我が家にはイースターに関係なく、このSchleichがいます・・・)


IMG_1772.jpg
↑ヒツジもよく登場しますが、これはキリスト教の重要な動物だから。だそうです。

アメリカで3度目のイースターで初めて知りました。
来週の日曜日は、ウサギやタマゴの形のおやつを食べようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

| 暮らし | 14:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。