PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラグ・フッキング

1227 (6)


ラグ・フッキングというクラフトに挑戦しました。
フックド・ラグとかラグラグとか、色々呼び方があるそうです。

むかし、物がない時代に敷物が欲しいと思った人が、
穀物が入っていた袋に、
着古した服を裂いたものを刺して作ったのが始まりだとか。

現代の北米では、ポピュラーな冬のクラフトだそうです。

クチコミのサークル情報で出ていたので、やってみたい!と思ったのですが、
行き違い&勘違いにより、教室募集の締め切りに間に合わず・・・
ネットで作り方を調べて、やってみることにしました。

材料は、
コーヒー豆が入っているような粗い麻布と、刺しこむ布です。
刺しこむ布は、ウール。好みの色に染めて使うそうです。
そのほかにもお手軽に、フリースやフェルトや伸縮するパイルでもできます。

道具は、
かぎ針とはさみと木枠。


1227 (1)
↑麻布にマジックで下書きを書いて、
伸び止めに下書きに沿ってミシンをかけます。

麻布を木枠に固定します。
私はステンドグラスを外して、額縁にガムテープで止めました。
ちょっとやりにくいけど、なんとかなりました。

1227 (2)
↑刺しこむ布はフリースにしてみました。
5mm幅に切って刺す方法もありましたが、
私は1.5cm幅に切って、にゅーっと伸ばして使いました。
切る方向は横(ミミに対し垂直)です。

1227 (3)
↑刺し始めは表に2cmくらい布端を出します。
刺し終わりも表に出します。布を継ぎ足すときは刺し終わりと同じ目から出します。

1227 (4)
↑布端を出したら、ループ状に引き出します。
一目置きを基準に隙間がないように刺します。
アウトラインを先に刺すと、色の境目がきれいに出るようです。

1227 (5)
↑刺し終わりました!
表に出した布端をループと同じ高さに切りそろえて、
麻布を3cmくらい残して切ります。

1227 (7)
↑麻布を裏側に折り込んで、別布をコの字閉じで付けて完成♪

麻布とフリースでできているとは思えないほど、かっちりしていて、
まさにラグ!という感じ。

1227 (8)
↑こちらのかわいいブリキの丸椅子に・・・

1227 (9)
↑暖かいクッションとして使えます♪

おぉっ、いい感じです。
冬のセールでフリースが半額なので、別の色でも作ろうかなぁ。


※作り方の参考にしたのはこちらこちら
関連記事
スポンサーサイト

| ☆ラグフッキング | 15:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。