PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

South East 3

今日は雨は上がっていました。
朝ご飯の前に、Ryeの街をお散歩してきました。

0731 (1)
↑泊まったホテル。Rye Lodge。

0731 (2)
↑こんなステキな城壁をくぐった中にあります。

ホテルから近い、St. Mary's Churchを目指します。

0731 (3)
↑青い時計が見えてきました。

0731 (4)
↑この教会は12世紀に作られたもので、
英国の教会時計の中で、現役で動いている最古の時計があります。

教会が開くと同時に行ったので、掃除のおばちゃんしかいないなー。
なんて思っていたら、その人が受付もしてくれて、
時計がある2階への扉を開けてくれました。



0731 (5)
↑コチラ、時計の機械部分。1561年から動いているということは、
450年も働いている時計です。

0731 (6)
↑1階部分には、振り子が延びていて、コチコチと時を刻んでいます。

時計の機械部分の横にある梯子みたいな階段を上がると・・・

0731 (7)
↑鐘が並ぶ小部屋があり。

さらに梯子を上ると、

0731 (8)
↑Ryeの街を見渡すことができます。
オレンジの屋根がきれいです。

0731 (9)
↑そしてこれが時計部分。
ポールが立っている四角いテラスが展望台です。


Ryeの街をあとにして、次は国境の街、Doverへ移動です。
本来ならば、Doverを経てフランスで過ごすはずの夏休み・・・
せめてドーバー海峡越しにフランスを見よう!と向かいました。

0731 (10)
↑ビューポイントである、小高い丘にあるDover Castleに行って、
フランスはどっち??
なんて盛り上がるはずが!

0731 (11)
↑フランスどころか、数メートル先の建物も見えやしない。
どこからともなく出てきた霧が、丘の周りを包んでしまいました。
うぅー、残念です。

それでもドーバー城は、見どころたっぷりでした。

春に行ったウェールズのお城とは違い、お城の中も再現されていて、

0731 (12) 0731 (13)
0731 (14) 0731 (15)
↑色々な家具や小道具が置いてあります。
中世の衣装を着た人も、あちこちにいて、
まるでドラクエ。

お城の中は広いし、急な階段がたくさんあって、
怠けた体にはかなりの負担。
今日も食べるぞシーフード!

0731 (16)
↑港の近くのお店です。


0731 (17)
↑最初に出てきたパン。ふわふわでおいしい♪

0731 (18) 0731 (19)
↑うーさんはビーフバーガー。
私はカニのケーキとマッシュルームのスープ。
見た目よりもずっとずっとおいしかったです。

ご飯をたべた後、少し霧が晴れていたので、ドーバー港を横目に通り過ぎました。

0731 (20)
↑次の機会には、ここからフランスへ!!




最後の寄り道はCanterburyです。

ここには、

0731 (21) 0731 (22)
↑カンタベリー大聖堂があります。

イギリス国教会の総本山で、世界遺産に登録されています。
7世紀に修道院として建設したのが始まりとされる古い古い建物です。

0731 (24)
↑いたるところに美しいステンドグラスがあり、

0731 (25) 0731 (26)
↑気持ちのいい風が抜ける回廊があります。

0731 (27)
↑天井も壁も柱も、何もかもが造りこまれていて、
どうやって造ったのか不思議な気持ちになります。

カンターベリー大聖堂は、ツアーや修学旅行生でいっぱいでした。


帰りもあちこちで渋滞があり、
夕方になって家に戻りました。
うーさん、ずっとずっと運転してくれてありがとう☆
かわいい街とシーフードをたっぷり楽しめました!


0731 (28) 0731 (29)
↑ほんの少しだけアンティークも見つけました。
かわいい重りは、洋裁のときに型紙を押さえるのに使えそう♪
関連記事
スポンサーサイト

| ☆United Kingdom | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。