PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SAL便

0204_20140204193648f59.jpg

母がたびたび荷物を送ってくれます。
中身は日本のベビーグッズだったり、
こちらで手に入らない日本食材だったり・・・
届くのが毎回楽しみです。
今回も待ち望んでいたものがぎっしり入っていました。
いつも、ありがとう!



荷物は日本でいうところの郵便屋さんにあたるロイヤルメールが運んできます。

もし不在で受け取れなかった場合、再配達という選択肢はありません。
自分でロイヤルメールの事務所?に行って受け取る仕組みです。
今はまだしも、妊婦のときは運転するのも控えていたし、
荷物を持って寒空の下を歩くのは大変だったので不親切だなと感じます。

しかし。

もう1つ受け取る方法があります。

ロイヤルメールの配達人が、お隣さんに荷物を預けていく場合があるのです。
不在票に、”あなたの荷物は何番地のお宅に預けてあるよ”と書かれてあります。
我が家も、何度かお隣さんに預かってもらいました。
もちろん、その逆にお隣さんの荷物を預かったこともあります。

昔ながらの街で、みんな顔見知りの住まいなら、
無理なく成り立つやり方ですが・・・
得体のしれないお隣さんだったら、ちょっと心配なこのシステム。


でも、我が家のお隣さんは、とてもいい人なので安心。
ロイヤルメールの事務所に行かないで済むので、助かっています。
関連記事
スポンサーサイト

| 英国式 | 10:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。