PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パリ 1

今度はパリに弾丸トラベラーしてきました。

この前のアムステルダムが
帰国前最後の旅行になるかと思っていたのですが、
「そういえば、まだユーロスターに乗ってないよね?」
ということで、
また、うーさんが金曜日の午後に戻ってきて、そのままGo!

ところが。
1時間乗車時間を勘違いしていたうーさん・・・
家を出るデッドラインを伝えていたのに、
まだ余裕あるじゃん。と思いこんで、
デッドラインを30分も過ぎて帰ってきました。
コラー!

ユーロスターが出る、ロンドンのセントパンクラス駅まで行くために
車で30分、ルートン駅に車を置いて、そこから電車で40分。
ルートン駅の駐車場が分からずグルグルしたり、チケットを買うために並んだり。
本当に間に合わないかも・・・
移動は全部ダッシュ!

幸い、セントパンクラス駅のユーロスター乗り場は分かりやすかったので、
飛ぶように走り抜けて、チェックインに駆け込みました。
が、空港と同じようなセキュリティチェックがあって、
今一度、本当に間に合わないかも・・・と思いました。
なんとかセキュリティを通り、フランスの入国審査を通り、

0306 (1)
↑待合室に着いたのが、15時47分。
出発は16時1分です。
あぶなかった。

0306 (2)
↑ユーロスター☆
セントパンクラスはとても美しい駅です。

0306 (3)
↑2等席の後方に席を取りました。
席の前後幅も通路も狭いです。

そしてロンドンから2時間ちょっとでパリ北駅!
車中では持ってきたおにぎりを3人で食べて、
列車の旅を楽しみました。


今回のホテルは”パリ3区”のアパートメントをBooking.comで予約したのですが、
パリ市内にいくつもアパートを持っているホテルだったようで、
一度8区にある事務所に鍵を取に行かねば、どこに泊まるのかすら分かりません。
でも、「この4つの通りのどこかに面した建物です」と書かれている通りはどれも3区。
ちょっと鍵を取に行くのが面倒ですが、まー、いいか!と予約しました。

そして、治安が悪いと言われるパリの北駅から、
速やかに地下鉄を乗り継いでオフィスへ。

パリの地下鉄、メトロはベビーカーに不向きです。
階段が多く、エレベーターが無いのはロンドンと一緒ですが、
まず改札が狭くて通れません。
いちいちインターホンで係員を呼び出して、
ゲートを開けてもらわねばなりません。
出口はベビーカーも通れる大きな扉なのに。

オフィスは既に営業時間外だったので、
事前に送られてきたメールの指示書を読み、
一つ目のドア、二つ目のドアを暗証番号で開けて、
指示された番号に電話を掛けます。
設置されているセキュリティボックスの番号を教えてもらい、
自分の名前の封筒を探して、ホテルの場所を見てみたら。
・・・8区だわ。これ。
なんかちょっと腑に落ちないのですが、夜も遅いし早くホテルに着いて安心したい。

指示された住所には、ドアが3か所くらいありました。
順番に暗証番号を試していって、やっとホテルの入口発見!

0306 (4)
↑この建物だった!

0306 (5)
↑さらに建物の中の第二のドアでは、
鍵に付いていた黒いプラスチックをかざしてロックを開けます。

0306 (6)
↑そしてそして、エレベーターを動かすために、
ここに指示された暗証番号を入れた後、階数ボタンを押す。

最後に鍵で部屋のドアを開けて、やっと到着でした。
やー、ゲームみたい。

部屋はワンフロアにひとつだけ。

0306 (7)
↑おぉ、広いリビング。

0306 (8) 0306 (9)
↑リビングの奥に立って、廊下の突き当たりが
寝室のクローゼットです。遠っ。

リビングの横にキッチンがあって、お風呂と独立したトイレがあります。
とてもとても大きな部屋でした。

ユーロスターに乗り遅れるかも?というドキドキと
ホテルを探し当てるゲームにくたくたになった私たち。
途中、スーパーでピザを買ってきてあったので、
オーブンで温めて簡単な夕飯にして、本日はおしまい。

明日からいよいよパリ観光です。
関連記事
スポンサーサイト

| ☆France | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。